Type11

爪の一部に色素沈着がある細く巻いた巻き爪(巻き爪歴11年以上)

3つの特徴

写真は左右にスライドできます

previous arrow
next arrow
Slider

症例

写真はすべて初回矯正後の当日の変化です。

*爪の状態により変化の度合いには個人差があります。

 

先端に向かって強く巻いている巻き爪です。爪の端が内側に折り曲がっている部分の爪の色も変色しています。

また、爪に縦の茶色い線が入っていますが、これは、メラニン色素が、メラニン細胞を爪床や爪母(爪を作られる所)の細胞に入り、ケラチンと一緒に作られていく為に色素沈着がおきたりします。

また、爪に黒褐色の斑点がある場合、悪性の強い黒色腫が心配されます場合があります。

そのような時はまず、精密検査をしていただき、その後に来院していただくとスムーズに矯正ができます。