Type7

硬く深くもぐる巻き爪(巻き爪歴20年以上)

3つの特徴

写真は左右にスライドできます

previous arrow
next arrow
Slider

症例

写真はすべて初回矯正後の当日の変化です。

*爪の状態により変化の度合いには個人差があります。

見た目、爪が硬く見えます。爪が深く潜っていることで、爪の両側の皮膚が盛り上がっています。

爪の先端は根元に比べて、細く巻いています。このような爪は、爪切りが困難です。

そして、矯正をかけても硬く弾力も強いので、広げても、また元に戻ろうとします。

しかし、ゆっくりと時間をかけて矯正すれば、本来の爪の形にもっていけるのです。

同時に皮膚の盛り上がりも落ち着いてきて、痛みも緩和します。